欢迎进入实事求是学习网! 登 录

尹玉峰旎诗:脸上的红月亮

来源:实事求是学习网    作者:尹玉峰   发布时间:2020年06月03日   点击数量:146553


      mmexport1590061019795.

      旎诗:脸上的红月亮

      作者:尹玉峰  (北京)

      冉冉升腾心中的爱意,挂在脸上

      脸上的红月亮半盏相思,寂寞了

      三世情缘!俯首刹那间,沧海变

      桑田,人世有几多冷暖化了云烟


      扯一段云彩吧,扮妆你最美丽的新娘

      面纱后面的娇羞究竟隐去了谁的心事

      慰藉新郎官,莫剩下那份久远的沧桑


      今天,我们做嫦娥后羿的伴娘和伴郎

      十里红莲,处处为君生根,为君发芽

      为君灿烂开放!脸上的红月亮,早已

      染香细细,不笑自乐了,望星河璀璨


      艳若桃李,清芬摇曳落眉宇

      芳浸骨髓、溶入血液不相忘

      ゆっくりと心の中の愛を昇り上げて、顔の上の赤い月の半分の思い合うことに掛かって、寂しくなった3世の情縁。急降下して一瞬の間に滄海変じて桑田の世はどれほどの寒さと暖かさが雲煙と化したか。

      雲を引っ張りましょう。一番綺麗な花嫁になります。ベールの後の甘やかさは誰の考え事に隠れましたか?花婿の官を借りてあの長い世の変転を残してはいけません

      今日は嫦娥后羿はの介添え娘と介添え人の十里紅蓮として、至るところに君のために根を下ろして君のために芽を出して、君のために輝かしい開放があります。顔の赤い月、とっくに香を染めて事細かで、笑って自楽しません。艶やかな桃李:星河のきらきらと輝く

      艶やかな桃李,清芬が眉宇に揺らめいてくることを眺めて、芳しく骨髄にしみこんで、血漿に溶けて忘れません。

      mmexport1591110080938.

      旎诗由尹玉峰《海棠花未眠》夺势定位:“在人类最困惑的时间节点/世界己昏然/海棠花未眠/冉冉升腾的爱意静观人间/几多冷暖?寸心至死如丹/怀念他与沉鱼落雁的新娘/弹过一曲弦颤千古的绝响/朝露落下若溅玉/眼泪凝了也耀眼/迎向人间千万朵/挂在枝头细裁香/烟烟缕缕/染得一眉清光漫过嚣世/愿景沐阳光/但见蝶舞温婉绕海棠……" 这种具有古典的现代美、超现实主义表现手法的现代旎诗,感叹着诗国黄昏的感叹,旖旎着诗国黎明的旖旎,达到一种闳约深美的艺术境界;运用美丽如闪电、摄魂夺魄的诗境语言营造诗境、意绪、愿景、求索、挣扎,任想象力统治世界,直捣心智。当旎组词为旖旎时,历代诗词名家都喜欢择用。(唐)李白 《愁阳春赋》“荡漾惚恍,何垂杨旖旎之愁人"。(清)孙枝蔚《清明日泛舟城北》“新烟何旖旎,黄鸟鸣春深。”"旎"字从方人从尼。“尼”意为亲和、亲近,转义为缠绕、缠人。“人”和“尼”联合起来表示“旗帜缠人”。

      IMG_20200507_190836.mmexport1590193290361.


实事求是大讲堂
更多>>

技能人才对于创新驱动发展、对于我国从制造业大国向制造业强国转变是十分重要的基础。...

微信扫一扫

登录实事求是网络学院 X
没有账号?立即注册>>