欢迎进入实事求是学习网! 登 录

尹玉峰《五代十国》笔记:一首咏史诗让罗隐成为大家闺秀的梦中情郞

来源:实事求是学习网    作者:尹玉峰   发布时间:2020年06月03日   点击数量:165438

    1526456098699.

    【题外话】诗人政治家毛泽东不仅创造了只能属于他的诗,给人以奋发向上的力量,而且还留下了许多影响深远的古典文献批注,组成了毛泽东生涯中又一道美丽的风景线。

    毛泽东圈划得比较多的还有唐代罗隐的诗集,约有91首罗隐的诗被浓圈密点过。从毛泽东对这些诗的圈划,可以隐约地感受到他对诗人的同情。这种同情鲜明地表现在对罗隐《赠妓云英》一诗的圈划批注中。

    罗隐一生怀才不遇,曾十次举进士不中第。罗隐第一次应考时,曾在钟陵(今江西进贤)酒宴上结识了颇有才思的歌妓云英。十二年后,罗隐再度落第路过钟陵,又与云英不期而遇,见她仍隶名乐籍,未脱风尘,罗隐不胜感慨。不料云英一见面更惊诧道:“怎么罗秀才还是布衣?”

    罗隐便写此诗回答她说:“钟陵醉别十余春,重见云英掌上身。我未成名君未嫁,可能俱是不如人?”这首诗毛泽东读过多次,在《甲乙集》该诗旁除圈点外,还加了批注:“十上不中第。”对诗人身世遭际表示了深刻的理解和同情。

    mmexport1591143779796.    罗隐是唐代晚期到五代十国的大诗人,诗歌名声流传很广,其中一首名诗《西施》,咏史怀古,哲理性极强:

    家国兴亡自有时,吴人何苦怨西施。

    西施若解倾吴国,越国亡来又是谁。

    历来咏西施的诗篇多把亡吴的根由归之于女色,客观上为封建统治者开脱或减轻了罪责。罗隐这首诗的独特之处,就是反对这种传统观念,破除了“女人是祸水”的论调,闪射出新的思想光辉。

    “家国兴亡自有时,吴人何苦怨西施。”一上来,诗人便鲜明地摆出自己的观点,反对将亡国的责任强加在西施之类妇女身上。这里的“时”,即时会,指促成家国兴亡成败的各种复杂因素。         

    “自有时”表示吴国灭亡自有其深刻的原因,而不应归咎于西施个人,这无疑是正确的看法。“何苦”,劝解的口吻中含有嘲讽意味:你们自己(吴国统治者及其帮闲们)误了国家大事,却想要归罪一个弱女子,真是何必呢!

    “西施若解倾吴国,越国亡来又是谁?”这两句巧妙地运用了一个事理上的推论:如果说,西施是颠覆吴国的罪魁祸首,那么,越王并不宠幸女色,后来越国的灭亡又能怪罪于谁呢?      

    罗隐尖锐的批驳通过委婉的发问语气表述出来,丝毫不显得剑拔弩张,而由于事实本身具有坚强的逻辑力量,读来仍觉锋芒逼人。         

    罗隐的诗,后来成为了大家闺秀喜爱读物。更有甚者,她们读着罗隐的诗,想象罗隐是风度翩翩的美少年,居然把罗隐当成了梦中情郎。

    像罗隐这么有才华的人,偏偏科举考不上,怀才不遇。有一天,南唐国的使者来到吴越,吴越人询问说:“你近期有没有看见过诗人罗隐啊?”       

    使者回答说:“我不认识这个人,也没听说过这个名字。”吴越人笑了:“天下都知道罗隐的名字,为什么你们江东人反倒不知道呢?          

    使者说:“金榜上没见过这个名字,所以不知道。”使者的意思当然是认为罗隐既然考不上金榜,就说明没有才华。       

    但事实就是那么讽刺,千年后使者的名字早已经不见了,罗隐的诗却依然传唱在人间。

    天地因何恒定久,损亏过堪补丰足。

    雷鸣电闪主战鼓,分化阴阳待雨出。

    四处险端常生变,胜王败寇两悬殊。

    家国相佑同舟济,广众于泽振臂呼。

    (尹玉峰 《古体诗》天地因何恒定久)

    1528023489281.

    羅隠、名門令嬢の夢中情郎

    羅隠は唐代末期から五代十国までの大詩人で、詩歌の名声が広く伝えられています。その中の一つの有名な詩「西施」は詠史懐古で、哲理性がとても強いです。西施が呉に傾倒すれば、越国が亡くなられたのは誰ですか?

    ここで西施を詠んだ詩は、多くの場合、亡くなった呉の根を女色に帰し、客観的に封建支配者のために罪を逃れ、私は軽く引いた。罗隠のここの诗の独特なところは、ここのよき伝统観に対する反対、「女は祸水」という言叶に打ち胜ち、新たな思想の辉きを放してしまうところです。

    これまで西施を詠んできた詩篇は、多くの場合、亡き呉の根を女色に帰し、客観的に封建支配者のために罪を逃れ、または軽減した。羅隠のこの詩の独特なところは、このような伝統観念に反対し、「女は禍水」という論調を打ち破り、新たな思想の輝きを放っていることである。

    「自有時」は呉の滅亡には深い原因があると表しています。西施個人のせいにするべきではないです。これは正しい見方です。「何を苦しんでいるのか」という勧解の口ぶりには皮肉の意味が含まれています。あなたたち自身が国家の大事を誤ったのに、弱い女性を罪になすりつけたいなんて、とんでもないことです。

    西施が呉に傾倒すれば、越国亡くなられたのは誰ですか?この二つの句は巧みに1つの事の道理の上の推論を運用しました。もし西施が呉の国家を転覆した張本人であれば、越王は女色に甘えていません。その後越国の滅亡は誰のせいになりますか?

    羅隠れの鋭い反駁は婉曲な質問の語気を通じて表現して、少しも矢張り散らすように見えなくて、事実自身が強い論理力を持っているため、読んでみても矢張りが感じられます。

    羅隠れの詩は後になって、名門の令嬢の愛読書になりました。さらに、彼らは羅隠れの詩を読んでいます。羅隠れはスマートな美少年だと想像していますが、意外にも羅隠れを夢の中の情郎だと思っています。

    羅隠れのような才気のある人は、科挙によらず不遇である。ある日、南唐国の使者が呉越に来ました。呉ベトナム人は「最近詩人の羅隠を見たことがありますか?」

    使者は答えました。「この人を知らないです。名前も聞いたことがありません。」呉越人は笑いました。「天下は羅隠れの名前を知っています。どうして江東人は知らないのですか?

    使者は言いました。「金掲示板ではこの名前を見たことがないので、分かりません。」使者の意味はもちろん、羅隠が金賞に落ちた以上、才能がないということです。

    しかし、そんな皮肉なことに、千年後には使者の名前はもうなくなりました。羅隠れの詩は依然として人間界に伝えられています。       

    天と地はどうしていつまでも続いているのか,損失は十分に補うことができる.雷鳴と稲妻が主となり、陰陽が分化して雨が降るのを待つ。四方の危険は常に変わり、勝てば王敗寇の差が大きい。国家が相加護して舟を助け,衆人が沢で手を振って叫ぶ.(尹玉峰『古体詩』天地はどうして一定ですか)

    IMG_20200503_202207.

    都市头条编辑委员会主任尹玉峰《五代十国》笔记:一首咏史诗让罗隐成为大家闺秀的梦中情郞

    u_2744857627_2785194519&fm_26&gp_0.mmexport1590193290361.


实事求是大讲堂
更多>>

技能人才对于创新驱动发展、对于我国从制造业大国向制造业强国转变是十分重要的基础。...

微信扫一扫

登录实事求是网络学院 X
没有账号?立即注册>>